栃木県下野市の漢方内科 ふれあい漢方内科 診療科目:内科・漢方内科・脳神経内科 訪問診療可能 【健康保険適用】 〒329-0507 栃木県下野市文教1-2-28

漢方とは

漢方とは

漢方には「未病を治す」という考え方があります。

これは病気が発生する前にくい止めようという考え方です。

漢方医学では視覚・聴覚・嗅覚・触覚など人間にそなわった感覚器を

総動員して患者の症状を把握し、病気の状態を認識します。

その上で、その人に一番あった治療を行い、病気の勢いが強くなる前に

治してしまおうという訳です。

これはすでに高齢社会に入っている我が国にとってはなくてはならない

重要な考え方だと思われます。

関連ページのご紹介

一般公開されている漢方に関するページをご紹介していますので是非ご参考になさってください。

治療を受ける方の不安を少しでも解消することに役立てればと願って
お悩み回答」のページを用意しました。こちらもご参考にどうぞ。

当院の院長 漢方医Dr.田中が書いております。
漢方治療と症例や豆知識、健康にまつわる話からよもやま話まで。
楽しんで読んでいただけたら嬉しいです。

漢方はどんな病気に良いか

漢方医学では、この病気にはこの薬が良いというような、
いわゆる特効薬的な考え方はありません。

病気の人を全体的にとらえ、局所的な病変であっても、
身体全体の不調和による歪みが部分に現われていると考えて、
身体全体の不調和を是正して、自然治癒力に働きかけ回復へと導くのが
漢方治療の特色といわれています。

人参の写真

この歪み方は人それぞれで違います。
そのため同じ病気でも違う処方がなされたり、違う病気でも
同じ処方であったりします。

漢方治療は表面の苦痛を取り去りつつ、病気の核心にせまる治療法であるといえます。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional